1/18環境腹話術@山ノ本児童館

ただいまー
午後3時過ぎ、元気な声子どもたちが帰って来始めました。我が家のように児童館に帰って来ます。
3時半から畠山さん環境腹話術が始まりました。帰って来ていた子どもたちだけでしたが17人が参加しました。さすが小学生です。畠山さんの問いかけにもすぐに答えが返って来ます。
P1100349_s.jpgP1100351_s.jpg
畠山さんのお話も、いつもの幼稚園保育園のようではなく、小学生に向けた少し難しいお話でした。ごみの分別リデュースリユースリサイクルなど。
P1100353_s.jpgP1100354_s.jpg先生もなるほどと思うお話だったようです。
P1100373_s.jpg
に帰ってから、お家の人に今日のこと、しっかり伝えてもらえると思います。

                             山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

12/20環境腹話術@向島保育園

向島保育園では少し久しぶりでしたので、子どもたちには初めての環境腹話術でした。
子どもたちは、何が始まるんだろうと期待してワクワクしながら待っています。園長先生のお話を聞いて、みんなで声を合わせて「ハタさーん」と呼びかけます。
P1100317_s.jpg
先ずはハタさんと一緒にシロクマくんが出てきて、みんなの住んでる地球が、どんな風に変わって来たかを話してくれます。
P1100323_s.jpgP1100324_s.jpg
みんなが便利に暮らすために電気をいっぱい使っていますね。水道から出るお水にも電気がいっぱい使われています。雨水くんと一緒にハタさんがお話します。
P1100325_s.jpg
最後にシンちゃんが出てきて、の無駄遣いをしない歯磨きの方法や、お茶ペットボトルではなくて、家で沸かして水筒に入れて持って行く方がいいねとか、エコについて子どもたちと話し合います。
P1100329_s.jpg
向島保育園には「おひさま発電所」があります。子どもたちもいつも表示盤を見て、「おひさま発電所」がしっかり働いているのを知っています。
P1100330_s.jpg
山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/27大宮保育園の自然観察会@京都御苑

この日は板倉豊先生が、大宮保育園子どもたち京都御苑にて自然観察会を開きました。
天気も良くとても過ごしやすい気温で、元気な子どもたちと一緒に御所のいろんな場所を散策しました。
01_s.jpg
散策していると、さっそく落ちているを発見!これは何でしょう?
このオガタマノキ(小賀玉木)のもので、10月にあった大型台風によって、熟す前に落とされてしまったのでしょうか…。オガタマノキは、から神聖なものとして扱われ、神社などではご神木とされることも多いそうです。はたくさん落ちていましたが、は太く、無事だったので、よかったです。
02_s.jpg
そこからまた進んでいくと、お次はこれ!地面からニョキニョキ生えてるこれは何でしょう?ソウメンタケ仲間です。密集してたくさん生えていたので、みんな触ってみたり近くで見てみたり…ひとりひとり反応が違っておもしろいです!このソウメンタケ仲間も含めて、みんなキノコを見たら「食べられる?」と必ず聞きます!食欲の秋ですね。

たくさんの自然観察して歩き回った後は、ごはんの時間!
天気の良い中、みんなで食べるお昼ごはんはとてもおいしかったです!
お昼の後は、子どもたちも楽しみにしていた“トトロの森”に行きます。
有名なジブリのアニメ映画である『となりのトトロ』で、メイが小さいトトロを追いかけた小道とそっくりな道があるのです!
「この道を通るとトトロに会えるかもしれません、みんな会いに行ってみよう!」の言葉と共に、どんどん中に進んでいく子どもたち
小道を覆っているはそんな子どもたち背丈より高く、小道は薄暗いトンネルのようになっています。
薄暗く、入口の狭い小道を怖がって、入るのをためらっている子たちもいます。トトロと会えるのを楽しみにしている子たちは、勇気を出して恐る恐る進んでいきます。
P1100151_s.jpg
あ!トトロだ!」「トトロいたー!
先頭の方から嬉しそうな声が聞こえてきます。トンネルの先にこどもたちより少し小さいぐらいのトトロが待っていました。頭には中トトロも乗っています。
トトロにあいさつして手を握る子、なでたり、ぎゅっと抱きしめたり。みんな嬉しそうでした。列はまだまだ続いていて、後ろにはまだトトロを見ようと子どもたちが待っているので、会えてすぐバイバイしなければなりませんでした。少しだけの間だったけど、みんなトトロに会えてよかったです。

トトロの森を抜けていくと、マツの木やイチョウの木など、様々な木々が生えたところを歩きます。落ちているマツの葉を使って“草相撲”!私も子どもたちとたくさん草相撲しました。みんな草相撲自体はもちろん、いいマツの葉探しも楽しそうでした。

                   (京都精華大学人文学部3回生 古林)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

10/24つくし保育園の自然観察会@つくし保育園園庭

今回は伏見区にある、つくし保育園自然観察会を行いました。天気は午後も小雨との予報でしたが曇りのままもってくれました。

つくし保育園裏山には牛尾山があり、そこにはミドリセンチコガネが生息しています。
折角ですので、ミドリセンチコガネをみんなに見せようと今回の自然観察会の計画は組み立てられました。ミドリセンチコガネを食べますので、遠く離れていても糞の臭いに飛んできます。
板倉豊先生(京都精華大学教授)がゾウの糞京都市動物園から貰ってきて設置しました。
01_s.jpg02_s.jpg
(飛んでくる予定だったミドリセンチコガネを深川さん1人が発見!)
匂いは暖かく晴れの日の方が遠くまで届きます。この日は少し肌寒く、前日も雨が降ったりして湿気ていました。匂いが届くまで時間をおこうと合間にネイチャーゲームをしました。
カモフラージュ
自然の中に人工物をかくし、いくつあるか見つけてもらいます。人工の枝もあるのでさわって確認したり匂いをかいでみたり。最後のひとつがなかなか見つけることができませんでしたが、みんなで後から答えあわせ。
P1100117_s.jpg04_s.jpg
サウンドゲーム
をあて、じっとを聞いてもらいどんなが聞こえたかみんなで発表します。川の音工事の音ヒヨドリの音カラスの音、みんなで共有しました。
P1100123_s.jpg
ゾウの糞を見に行くと、ハエは来ていましたが、まだミドリセンチコガネは来ていませんでした。
ですので、園内植物を見て回りました。もある上に銀杏あけび山ぶどう、様々な植物が園内にはあります。つくし保育園子どもたち植物に囲まれているからか、植物の名前にも詳しい子が多かったですね。いろんな昆虫も見つけることができました。
一周まわってまたゾウの糞の場所へ行ってみましたが、結局みんなでミドリセンチコガネを見ることはできませんでした。天候上の条件でも厳しかったかもしれません。
けれども板倉豊先生が計画した様々なネイチャーゲーム自然と楽しむことができたようでした。つくし保育園子どもたちは元気がよく、それでいてみんな興味深く話しをよく聞いてくれていました。

          (京都精華大学マンガ学部卒業生 モンネ)
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

9/27環境腹話術@山ノ本保育所

山ノ本保育所上鳥羽地域にあります。
今回の環境腹話術上鳥羽北部いきいき市民活動センター取り組みとして行われました。
山ノ本保育所子どもたちにとっては初めて環境腹話術です。
山ノ本保育所では同年齢の子どもたちだけではなく、縦割りの異年齢保育をされています。
最初、会場に入って来た年中さんの中で、元気のいい男の子が期待感でワクワクしてじっとしていることができませんでした。先生に注意されてもなかなか落ち着きません。
でも年長さんが入って来て、一言注意すると、さっと自分の席に戻って座りました。
ここに異年齢保育成果がハッキリ出ていました。さすがです。

いつものように、子どもたちの「ハタさ〜ん」の声で、畠山さんアイアイくんが登場します。
P1100081_s.jpg
昔、地球にはいっぱいがあって、ちょうどいい温度が保たれていました。でも人間便利に暮らすためにCO2をいっぱい出して、地球の温暖化が始まりました。
と言うことを、ハタさんアイアイくんが、掛け合いながら、わかりやすくお話してくれます。
水道のお水と、電気の関係も、雨水くんがくるくる回って、お話してくれます。
P1100087_s.jpg
最後に、お人形のシンちゃんが登場です。
地球お熱を上げないために、みんなにも出来ることを、お話してくれます。
P1100098_s.jpg
お茶は、ペットボトルではなく、できるだけお家で作って水筒に入れて持って来る方がいいよ。買い物に行くときは、をもらわなくてすむように、エコバックをもっていこうね。
P1100103_s.jpg
そういうことも、とても大切だけど、CO2を出さずに電気を作ることもできます。
太陽光パネルを使った「おひさま発電所」です。
上鳥羽北部いきいき市民活動センターには「おひさま発電所」があります。
センター長上田さんが、子どもたちに「おひさま発電所」の写真を見せて、お話してくださいました。

                               山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

9/20環境腹話術@つくし保育園

今日は、伏見区のつくし保育園環境腹話術がありました。

お馴染みのパネルシアターの絵をみて、地球を取り巻くガスが「メタン・フロン・CO2!」と、しっかり言ってくれる子がいました。すごい!

おさるのアイアイ君地球温暖化仕組みを教えてくれたり、猫のトラちゃんシロちゃんシャワーの水の使い方を教えてくれました。みんなわかったかな?
P1100062_s.jpg
シンちゃんがきて、地球を救うため、自分たちが出来ることを一緒に考えてくれました。
お茶を入れた水筒もみんな持って行くと約束してくれました。
P1100066_s.jpg
この日は、宇治から見学に来てくださった人もいて、熱心に聞く子どもたちに関心しておられました。
P1100076_s.jpg
                             深川
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

8/30環境腹話術@村山保育園

村山保育園子どもたちにとっては初めての環境腹話術です。子どもたちは「何が始まるのかな」と興味津々。
P1100038_s.jpg
子どもたちの「ハタさ〜ん」の呼び声に答えて、畠山さんと、おさるのアイアイくんが出て来ると、目が釘付けになりました。
P1100040_s.jpg
子どもたちは、アイアイくんと一緒に、ちょっと難しい地球温暖化CO2のことを考えて行きます。
人間便利に暮らすためにCO2をいっぱい出しています。
火力発電所電気を作る時にもCO2が出ます。
ハタさんは、電気の関係を、子どもたちに分かり易く伝えます。
P1100042_s.jpg
みんなが毎日使っている水道のお水電気と関係があるよ。
雨水くんが空から降ってきて、川に流れて浄水場で綺麗になって、みんなのお家にやって来ます。みんながを洗ったり、お風呂に入ったりして汚れた水は、下水を通って下水処理場に行って、また綺麗になってに戻って行きます。
浄水場下水処理場で、綺麗なお水にする時に、いっぱい電気を使います。
元気な子どもたち水遊びが大好きなので、時々、水道のお水をジャブジャブしてしまいます。
これからは、雨水くんを思い出して、お水大切に使ってくれるかな。
P1100044_s.jpg
最後にシンちゃん登場です。
水筒エコバックごみを減らすことを考えます。子どもたち保育園水筒を持って来ているようです。
P1100051_s.jpg
今日は、はたさんアイアイくんシンちゃんと、みんな地球のこと、たくさん考えました。
CO2を出さないで電気を作る「おひさま発電所」が、村山保育園にもできるといいですね。

山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/27環境腹話術@おおやけこども園

今日は、おおやけこども園年少さん60人と、5組のまだ保育園に来ていない小さな子どもたちお母さんが、畠山さん腹話術を楽しんでくれました。環境腹話術は楽しいだけではなく、少し難しい地球温暖化のお話があります。わかりやすく伝えるとは言え年少さんにはどうかなという不安が、先生畠山さんきょうとグリーンファンドのスタッフにありました。いつもは年長さん年中さんが、一緒にいてくれます。
でもなんとなんと、子どもたちは、畠山さんが登場するときも、みんなで声をそろえて元気に「ハタさ〜ん」と呼びだせたし、お人形とハタさんの会話を食い入るように見て、集中して理解していました。すごい!!!
P1100016_s.jpg
ハタさんが「テレビを見てない時は」まで言いかけると、「消す!!!赤いボタンを押したらええねん。」とか
シャワーを出したまま身体を洗ったりするのと、洗っている時は止めるのとどっちが地球優しいかな?」には、すぐに「止めとく!!!」と声が出ました。
P1100019_s.jpg
お人形のシンちゃんとも、すぐに仲良くなって(お人形が少し怖かったお友だちも2人ほどいたけれど)、楽しい時間を過ごしました。
P1100022_s.jpg
開始直前になって、年少さんだけとわかって、ハタさんも少しあわてたようですが、さすがです。年少さん向けにいつもと少し変えて、やさしい言葉擬音を使って子どもたちを笑わせながら、ハタさんワールドに引き込んでいました。
P1100024_s.jpg
                                山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

6/21環境腹話術@大宮保育園

年長さん年中さんは、毎年、畠山さん環境腹話術がやって来るので、畠山さんを見かけると「ハタさ〜ん」と嬉しそうに話しかけて来ます。お人形のシンちゃんはお馴染みですが、毎年お人形の新しい仲間が増えていきます。今回は地球温暖化で困っている北極のシロクマくんが、大宮保育園に初お目見えしました。
P1090983_s.jpg
温暖化で氷がとけて、シロクマくんは氷に乗ってやってくるエサのアザラシを捕れなくて困っています。お腹を空かしたシロクマくん・・・・。シロクマくんのために、どうしたら地球のお熱をさませるか、お人形のシンちゃんと一緒に、みんなで考えます。
P1090995_s.jpg
電気を使うとき、水道水を使う時、自分たちでできること何かな。子どもたちは、しっかり実践しているようです。
当日は雨がたくさん降って大変でしたが、国際ソロプチミスト京都―わかばの方々も来てくださいました。わかばさんから子どもたちに、洗剤を使わなくても食器などが綺麗に洗える「エコたわし」のプレゼントをいただきました。
P1090998_s.jpg
この「エコたわし」は、知的に障がいをお持ちの方々が共同作業所で心を込めて作ったものです。
子どもたちは、お土産「エコたわし」を持って帰って、今日聞いたことを家族のみんなに、いっぱいお話してくれることでしょう。

山本
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)

5/18環境腹話術@陵ケ岡保育園

5月18日、陵ケ岡保育園で、腹話術がありました。
今日は、シロクマくん北極の氷が溶けて困っている…と。
P1090951s.jpg
それから泥んこの猫シロちゃんトラちゃんが、シャワーを浴びます。
シャワー出しっぱなしにしてゴシゴシ洗っていると、子どもたちから「水もったいない〜!」という声が。
さすが、エコが身についていますね。
P1090956s.jpg
今、保育園改装中で、腹話術をこのホールでするのも、最後となりそうです。
P1090958s.jpg
子どもたちは、新しい建物の中で伸び伸びと過ごしていました。
ただし、新しい園舎が建てば、園児さんは、そちらに移り、今過ごしているところは、児童館として使われるようです。
新しい園舎が建つのが、楽しみですね!
環境学習 | comments (0) | trackbacks (0)